オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人

リンクリスト

カウンタ

COUNTER1027327
Since jul 2003
 このページはパソコンやインターネットについて調べたこと気になったこと便利だと思ったことなどSVYK会員がICTについて、自由に発言する場です。ゲストの方は閲覧のみ可能です。
 分からない事などもここに投稿すると、教えてくれる人がいます。
 
※ただし、ここで書かれた内容はその情報発信者の経験と知識、そしてその時のICT環境などにより必ずしも正しい内容とは限らない場合があります。
 よって、ここで書かれている内容に従って実践され、その結果、損失が被った場合、自己責任となります。当団体、及び情報発信者は一切の責任は負いません。(平成22年4月)
 

シニアのパソコン便利帳

パソコン便利帳 >> 記事詳細

2015/04/17

Windows7のメモリ使用率異常(その2解消)

Tweet ThisSend to Facebook | by:田村重正
前回 Windows 7 でメモリ使用量異常の報告をしましたが、その後の調査の結果解消策が見つかりましたので報告します。
どうやら原因は
「C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore\DataStore.edb」
というファイルにあるようです。これは Windows Update の履歴関係で Update 調査の際に見に行くものだそうです。
私の PC で調べた結果、なんと 672MB もありました。Win7 64 ビット版インストール後1ヶ月も経っていないのに!(何年も使ってきた 32 ビット版では 392MB、64 ビット版はその分データ量を喰うのか。)
これをいったん削除して再構築する方法があるようですが、そこまでやらなくてももっと手軽な方法で結構効果のあるやり方もあるとか。
cf :
http://www.inoran.com/2012/05/windows7-datastoreedb.html
ウィルスチェックソフトで上記「\SoftwareDistribution\DataStore」フォルダーのスキャンを止める設定をしておけば OK とのこと。
私は「avast! 2015」を使っており、そのアイコンをクリックして 設定→スキャンからの除外で「ファイルのパス」欄に参照ボタンで上記フォルダーを出して指定すれば OK。
これで多少ウィルスチェック性能が低下しますが、メモリ使用量異常は出なくなりました。


12:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | OS